ジェルキング ペニスを太く長く

ジェルキングでペニスを太く長くする効果的方法!

ジェルキングの効果を高めるコツ

ジェルキングは、ペニスの血流をよくするためのトレーニングです。これを行うときは、効果を高めるためのコツを押さえておきましょう。 しっかりと血流をよくするためには、いきなりトレーニングを始めるのではなく、まず準備から始めることが大切です。入浴したり、蒸しタオルを当てたりして、十分に温めておくようにしましょう。温めると血管が広がるため、血が流れやすくなり、よりよい効果が期待できます。面倒に感じて省略してしまうこともあるポイントですが、ジェルキングでペニス増大を目指すなら、忘れずに行うようにしましょう。 また、やりすぎには注意してください。効果を上げたい場合、必要以上にトレーニングを積み重ねてしまうこともありますが、やりすぎるとペニスを傷めます。それで中断することになれば、よい効果も期待できません。失敗しないためには、適度なトレーニングをコツコツと続けていくことが大切なのです。強いダメージを与えないように注意しながら、うまく増大させていきましょう。

半勃起状態でのトレーニング

男のアレを大きくするためのエクササイズとして大人気なのがジェルキングです。その手の悩みを持つ人たちは、必死にトレーニングをしていますが、そう簡単ではありません。というのはアレを微妙な大きさにしなければならないからです。勃起していない状態では効果がないし、かといって勃起してしまってはフィニッシュしてしまうため、それで終わってしまう、実に難しい状態、半分勃起したような状態にしてトレーニングをするのです。 滑りやすいジェルやローションを塗り、ペニスの根元を握って、それからそれを上に向かって、つまり亀頭に向かって動かし、血流をその部分に集めるというものです。ジェルなどを塗らないとペニスを傷めてしまうし、内出血させてしまう危険もあります。最も難しいのは勃起してしまうことであり、気持ちが良いため、そして興奮しやすいトレーニングのために、それを抑えることの難しさです。試行錯誤しながら、上手くコントロールしてチントレでサイズアップしていきたいものです。

ジェルキングでベニスを太くして、カリを発達させる

ジェルキングとは、ベニスを太くして、カリを発達させるための、海外で行われているトレーニングです。ベニスは、もちろん生まれつきの大きい、小さいはありますが、ちいさくても、トレーニングすることで、大きくすることができます。わたしも、実際にやってみて、確かに、小さかったのが、妻の奥まで届くようになりました。 トレーニングは、右手の親指と人差し指で、ぺニスを根本から先に向かってしごきます。できるだけ、力強く、押し出すようにしごきます。根本から亀頭へ血を流し込む感じです。5秒に一回くらいかえて、ゆっくりしごきます。 ここで、さらに効果を上げようとおもったら、健康管理をきちんとしてください。肥満では、思ったほど効果はでまませんし、生活のリズムが乱れていると同様です。

ジェルキングは射精せず休憩する

ジェルキングとは、チンコを太くするための、トレーニングになります。皆さん、不思議かもしれませんが、じつは、トレーニングすると、チンコは長くなります。埋もれている部分がでてくるのか、メカニズムは、わかりませんが、わたしも、実際にやってみて、40才をすぎても、チンポは元気です。 トレーニング自体はかんたんです。右手の親指と人差し指でわっかをつくり、チンを根本から先に向かってしごきます。射精目的ではなく、あくまでも、トレーニングです。イメージは、根本の血をちんぽの先っぽに押し出す感じです。だいたい、5秒に一回くらい、力強くやります。 でも、これってやり続けるだけでは、効果は薄いです。まずは、半勃ちでやることです。フニャッとしてると、効果はありません。半だち以上のちんこをごしごしです。つぎは、やりまくらないことです。休憩時に大きくなるような気がします。なんで、30分トレーニングして、三時間休むとか、そんな感じが大事です。