亀頭が小さい

亀頭が小さいのを治す方法とは?亀頭を大きくしたい!

亀頭が小さいならクリニックでヒアルロン注射

亀頭が小さいという悩みを抱えている場合、どういった方法をとって大きくすればいいのか?というと、クリニックに行くというのはおすすめです。 別に手術をするというわけではなく、ある方法でクリニックに行くと亀頭を大きくすることが十分に可能なのです。 それはヒアルロン酸を注射するというもので、これは手術ではないにもかかわらず、かなり有効な手段と言えます。 すぐに完了しますし、費用もそこまではかからない方法ですから、気軽に受けられる人が多いはずです。 効果は永久ではないので、ずっと大きい亀頭を維持したいという人は何度も受けていかないといけませんけど、1年以上は持ちますから、そんなに頻繁に受けないといけないものではありません。 だから、亀頭が小さいという悩みを抱えている人にとって、まず実践しやすい手段となるはずなのです。 亀頭を大きくしたいが、手術はちょっと避けたいと思っている人にとって特におすすめなので、悩みを解消したいと本気で考えている人は考えてみましょう。

亀頭が小さいデメリット

亀頭が小さいデメリットについて紹介します。

包茎になりやすい

亀頭が小さいと包皮を剥いても引っ掛かりが甘く、すぐに皮を被ってしまう、いわゆる「包茎」の状態になりやすいと言われています。 包茎になるとセックスの快感を最大限楽しめないばかりか、不潔で臭いや汚れが溜まりやすいばかりか病気になってしまうこともあります。

セックスに自信が持てない

ペニスは他人と比べてコンプレックスを持ちやすいパーツです。 男性なら誰でもペニス自体のサイズを気にしたことがあるはずですが、同じくらい形も気になるもの。 亀頭が小さいと勃起した時もバランスも悪く、女性の前で堂々と振舞うことができない要因になってしまうこともあるでしょう。 さらに「セックスで女性を気持ち良くできないのではないか?」と考えてしまい、勃起不全や中折れに繋がることも。 実際、セックスの時に女性が気持ちいいかどうか亀頭の大きさはあまり関係ないのですが、必要以上に気にしてしまうのです。 このように亀頭が小さいというのはデメリットばかりであり、良いことは一つもありません。 ですから、亀頭を大きくする努力を早めにするべきなのです。

私のチンコの亀頭が大きい

私と仲良しの先輩とよく銭湯に行くのですが、その際いつも私たちのチンコを眺めた後、器用にタオルで私の亀頭の形を作り、冷やかすのです。実は…その先輩は体格こそプロレスラーのように立派で女性にもよくもてるのですが、亀頭の大きさは小学生クラスなのです。そして風呂の中で私を冷やかすだけならよいのですが、会社の飲み会や得意先との酒席でも、お決まりのように、コイツの亀頭は馬鹿でかいとネタにするのです。普通ならば、いい加減にしてください!と怒るのでしょうが、その先輩の小学生級の亀頭が脳裏を横切り、怒る気にもなれず、冷ややかな微笑みを浮かべてやり過ごしています。また、その先輩は亀頭ネタ以外は人のカラダに関する冷やかしやネタにしたりは決してしないのです。これは、やはりコンプレックスがなせる技なのでしょうか?あと、笑える話ですが、その先輩が風呂上がりのある日、タオルをクシャクシャいじくっているので、どうしましたか?と尋ねたところ、俺の亀頭は浴用タオルでは無理だ!ハンカチしか無理かなぁ、と言うのです。やはりコンプレックスなのか?

亀頭は女性をセックスで気持ちよくさせるのに大切

男性であそこにまつわるコンプレックスを抱えていらっしゃる方はたくさんいるというか、自信満々な男性の方が少ないですよね。サイズが小さいとか、長さが短いとか色んな悩みがあると思いますが、中でも亀頭の部分のサイズが小さいんじゃないかと、デリケートなお悩みを誰にも相談できずにくよくよしてしまっている男性もいることと思います。なかなか亀頭のサイズを誰かと比べるなんていうことも難しいですし、自信をなくしてしまっている男性も多いと思います。でも、諦めてしまうのはちょっともったいないと思います。亀頭は、ペニスの先の部分なので、視覚的にもここが大きければ大きいほど全体のペニスのサイズも大きく見えてカッコいいですよね。それに、女の子をセックスで気持ちよくさせるためにも大切なパーツですから、トレーニングやサプリなどで、できる限り大きくできればいいと思います。自分の中で自信もついて、女の子からモテるようになれば一石二鳥ですよね。